2021年度千葉ブロック建設クラブ 代表所信

挑戦~できない理由は考えず、どうしたらできるのかを考えよう~

[はじめに]
 人間にとって、本当の失敗は「挑戦」することを辞めたときです。千葉ブロック建設クラブは「挑戦」し続けてきて下さった多くのシニアによって、その歩みを止めることなく、歴史と伝統を継承してこられ、本年度で四半世紀を迎えることとなりました。我々一人ひとりが自覚と責任を忘れることなく、千葉ブロック建設クラブの発展に努め、今後半世紀に向けて「挑戦」し続けていかねばなりません。

[感動の共有]
 自分達の地域が更なる発展を遂げるために日々活動している我々は、今まで以上より一層ビジネスを中心とした会員交流が必要不可欠であります。まずは、組織の未来のために自分ができること・自分がやらなくてはいけないことを理解し、何事にも全力で取り組み、信頼されることです。そして、相手の立場になって物事を考え、誰かのために率先して行動することができるようになれば、そこには必ず感動が生まれます。千葉ブロック建設クラブメンバー一人ひとりがその感動を共有することで、今まで以上に絆が深まり、ひいてはビジネスを中心とした会員交流に自ずと繋がります。できない理由は考えず、どうしたらできるのかを考え、感動の共有をして参りましょう。

[魅力ある組織]
 魅力ある人は魅力ある組織に集まります。私の考える魅力ある組織とは、誰にでも機会があり、生涯忘れることのできない活動経験ができる組織です。活動に費やす時間が無駄だと思ってしまう団体はその存在意義がありません。定例会や各種会議の運営方法を模索し、メンバー一人ひとりの安全・安心を第一に考えた運営をしていくことで参加推進に繋がり、仲間との友情や共に行う活動の楽しさを再認識することができ、その組織に愛着が生まれ、誰もが率先して組織運営に携ることができると考えます。現に千葉ブロック建設クラブは多くのメンバーが日本青年会議所建設部会に出向し、全国部会員との絆を深め、ビジネス交流を続けています。

[会員拡大]
 どんなに素晴らしい定例会や事業を企画立案しても、それを行うマンパワーがなければ実行することはできず、機会を得ることができません。千葉ブロック建設クラブメンバー一人ひとりが現役として活動できる時間には限りがあるということを再認識し、自己成長と次世代を担うメンバーの立場になり、会員拡大に尽力して参りましょう。

[未来へ]
 千葉ブロック建設クラブには未来があります。なぜならば、「挑戦」し続けている力強いシニアとその意思を引き継ぎ、日々活動している我々の絆が強固であるからです。今後も手と手をとりあって、共に半世紀を見据えて全力で活動し、真に豊かな社会づくりに貢献していきましょう。全ては未来を担い、歴史と伝統を継承していく人達の為に。

基本方針

  • ① 会員並びにシニアとのビジネス交流
  • ② 定例会や各種会議の参加推進
  • ③ 会員拡大
  • ④ 創立25周年を迎え
  • ⑤ 災害支援協力の強化
  • ⑥ 建設部会が行う事業協力及び連絡調整